ここでは教育を、「社会や組織のために人々をどうにかすること」ではなく、「人々が自ら育つ(その結果として現れるのが社会)ことができる機会と環境を整えることである」と捉えて、当事業の理念を、次の通り記します。

ミッション

ウィルダネス・ファシリテーションは、

  • ウィルダネス環境における挑戦と対話を通じて、自己の可能性を育む体験を提供します。
  • 互いの成長を “共に育む”ことができる機会と環境を提供し、人間らしい教育の在り方を体現・提案します。

大切にしていること

  1. 特定の価値や考えを強いるのではなく、人と人の相互の関わり合いによって新たな価値を創造すること。
  2. 目の前で起きているドラマに寄り添い向かい合うこと。
  3. コンフォートゾーンから踏み出しチャレンジすること。
  4. 組織や社会のための教育ではなく、その人のための教(共)育であること。

背景にある考え・問題意識

教育には次の2つの側面があると考えています。

  • 教育を受ける側が人間社会に適合して生きられるように社会のしくみやルールを学ぶ場という側面
  • 正解のない未来を創造すべく人間が自らの可能性を開拓する場という側面

ここでは後者について考えてみたいと思います。このとき前提となるのが、教育を提供する側も受ける側も人間であり、不完全で未知で可能性と多様性に満ち溢れた存在であるということ。正しいやり方もどこに向かうべきなのかも誰も正解を知らないはずです。にもかかわらず「組織や社会はこうなるべきだ、だからこんな人材が必要だ」と言って、特定の価値観や考え方を注入するという教育が往々にして行われているように思います。

人間が学び成長する過程は、パソコンにソフトをインストールしてユーザーにとって使い安いようにカスタマイズしていく過程とは全く異なるはずです。ひょっとすると知らず知らずの内にそうなってしまうのもまた人間の不完全さゆえかもしれません。

誰も正解を知らないのだから、「教え育てる」ではなく「共に育む」価値創造型の教(共)育が人間一人一人にとっても社会にとっても重要だと思っています。私は、多様性の一片として私なりの教育観を提案し、社会との化学反応によって新しい価値を創造していきたいと思っています。

ウィルダネス・ファシリテーションとは

ウィルダネス(wilderness)とは、

英語で「原生自然」のことです。普段私たちが「自然(nature)」という言葉を使うときには畑や田んぼ等里山の自然、時には都会の街路樹等も含みますが、ウィルダネスはもう少し狭い意味で、「人間の手が加わっていない原生の自然」を意味しています。里山の自然も都会にたたずむ小さな自然も好きですが、原生の奥深い自然が持つ力は特別で、人間が本来持っている力を目覚めさせてくれる環境だと思います。

ファシリテーション(facilitation)とは、

今や日本語になりつつありますが、「促進する、容易にする、援助する」といった意味で使われる言葉です。「教える(teach)」と対比して、「教育」と「共育」の違いとして捉えるとわかりやすいかもしれません。「教える」は、「教える側から教わる側に向かって一方通行で、既存の知識や技術、考え方等を学習者にインプットする」という意味で捉えることができます。一方、「ファシリテーション」は、「双方向の関わり合いを通じて、未だ見ぬ価値を共に創造する、あるいは主体が創造することをサポートをする」という意味だと言えます。

ウィルダネス・ファシリテーションは、原生の奥深い自然における、挑戦と対話を通じて、人が自らの可能性を育む機会と環境を提供します。そしていつかふりかえったときに、その経験が自分の支えとなっていることを願っています。

プロフィールのページに私自身のエピソードを書いていますので、こちらもご覧ください。

 

 

 

河合宗寛(かわいむねひろ)

1982年生まれ 愛知県出身

横浜国立大学教育人間科学部卒業

大学卒業後日本アウトワード・バウンド協会で冒険教育インストラクターとして勤務。

2006年~2008年、青年海外協力隊としてタンザニアで体育教育の振興に従事。体育教育の普及、指導者養成、関係機関の協力体制構築に貢献した。

帰国後、(財)日本アウトワード・バウンド協会にて冒険教育を通じた青少年教育、人材育成に従事。インストラクターとしてのプログラム運営の他、安全担当としてヒューマンファクターに基づく安全な仕組み作り、装備施設管理担当として施設管理のシステム構築を行った。

2015年独立、山岳ガイドと体験学習事業を行うWilderness Facilitation(ウィルダネス・ファシリテーション)を立ち上げる。

長野でファシリテーションを学び合う場、ファシリテーション・ラボ信州を主催。

 

エピソード1~私の原体験~
私が中学2年生の時でした。当時の私は、自分に自信が持てませんでした。学校では目立ちたいけど特別なとりえがあるわけでもなく、自分の中で決めた「学校でイケてる人ランキング」は中の中。大きく見られたい、どうやって自分を大きく見せようか、と日々考えていたように思います。

そんな中学2年の冬休み、伯父に連れられてヨットの旅に出ました。未知のことをやってみるというのは不安でヨットに乗ることをかなり渋ったと記憶しています。しかも初日から海は大荒れで雨、風、波に襲われ、ヨットが転覆するのではないかとドキドキしました。そんな状況にもかかわらず伯父は冗談を飛ばして笑っていました。何時間かの航海の後、天気は回復し、私たちは港に到着しました。ヨットの上で火を熾してご飯を食べ、ヨットの中で寝ました。港に無事辿りついた頃から、私の気持ちも変化して、旅全体がとてもエキサイティングで楽しいものへと変わっていきました。以来、一つ一つの体験が新鮮でワイルドで、それまでの私がまるで知らなかった遠い世界の出来事のようでした。4日間を海の上で過ごした後、いつもの生活帰ってきました。冬休みがあけて学校生活に戻る と、なんだか周りが小さく見えたことが印象的でした。自分が勝手に作り出していた「イケてるランキング」も変化しました。というよりはそれが幻想であることに気付いたのかもしれません。

この旅で学んだことを1つ言葉にするのならば、「真のかっこよさって、内面からにじみ出るものなんだ」ということです。伯父と過ごして私が肌で感じたことです。それまでの私は、自分を大きく見せかけることばかりに気を遣っていました。それがこの旅以来、「真にかっこいい男になりたい」と思って、自分を大きく見せることよりも、自分の中身を磨くことにエネルギーを注ぐようになりました。すると不思議なことに、未知のことに対して不安ではなくワクワクした気持ちが湧いてくるようになりました。様々なことに挑戦してみようと思えるようになりました。そして何かやってみるとそこから得られることがあって、その都度成長できる自分を感じました。まるで僕の人生が狭い世界を飛び出して成長のスパイラルに乗ったようでした。

ほんの少し勇気を出して自分を閉じ込めている世界から踏み出してみることで、人は成長できるように思います。それは子どもでも大人でもいくつになっても同じだと思います。自分のこれまでを振り返ってみて改めてそう感じます。訪れてくれる人が成長できる場を作っていきたいと思っています。

エピソード2~山岳ガイドという仕事に魅かれた出会い~

 

大先輩のガイドさんのところで私が見習いをさせてもらっているときのことです。20代の頃山登りをしていたけれど、仕事や結婚等が理由で30年以上登山から離れていたという方に出会いました。「定年して時間ができたのでまた山に登りたいという想いが膨らんだ」とその方はおっしゃっていました。また「もう若くないし、体力もないし、膝も痛めている」とも。そんな不安を抱えながら「自分1人で山に登るのは不安だけどガイドさんが一緒ならできるかもしれない」と、先輩ガイドさんのところにやってきたそうです。その方は、少しずつトレーニングを重ねて、昔目標にしていた山に挑戦されました。結局そのときは途中で引き返しましたが、その場に立ち会うことができた私には心にずしっと響くものがありました。「ガイドってただ案内をしたり、技術を教える仕事ではないんだな」「その人に人生の一部に関わる仕事なんだな」そんなことを実感しました。

誰の背景にも様々な想いやストーリーがあるのだと思います。そして、簡単なことではありませんが、できる限りそれぞれの想いに寄り添えるガイドでありたいと思っています。

これはクルト・レヴィンの言葉です。

私たちが、取り巻く周囲の環境や社会で起こっている様々な出来事を考えるときに、大切な示唆を与えてくれます。

他人を変えることはできないが、環境を変えることはできる。

私たちがよりよい行動をとれるように、環境を変えて行くことはできる。

例えば、私たちが教育を考えるとき、

「(ネガティブな意味で)最近の若者は×××だから」と問題点を見出し、あるべき姿を与えようとすることがしばしば起こります。

しかし、最近の若者が×××なのは、彼らの性質によってではなく、現在の社会の在り様によるのかもしれません。

そう考えたとき、若者の抱える問題が若者のコトではなく、社会を構成する私たちにとっての自分ゴトとして捉えることが可能になります。

多くの製造現場では、生産性が不安定で、ときおりエラーを起こす人間よりも、ロボットの方が重宝される場面がますます増えていくことでしょう。

学校では、効率的かつ均質に指導できるIT学習が増えていくことでしょう。

病院では、、、、、、、、、、、、

私たちの人間の価値はどこにあるのか。。

人間の負の側面に目を向ければ・・・

私たちが持っている承認欲求、これは人間にしか満たすことができないと言われています。

私たちの職場で起こるうつ病、社会不適応者が起こす犯罪、それは彼らの問題だけでなく私たちの問題でもあるのです。

起きてしまった過ちに対して、責任の所在を明らかにし、罪を問う。事件として一応の決着を見る。

しかし、その人を犯罪を犯すに至らしめてしまった社会が抱える問題は解決していないのです。

逆に言えば、こうして責任追及にばかり目が向き、問題を他人事として済ませていくのも人間であるがゆえの仕業と言えます。

私たち人間は、不完全な生き物です。そして決して合理的な生き物でもありません。

集団の力、つまり1+1+1が3より小さくなることも少なくありません。

しかし時として、1+1+1が5にも6にもなるもあります。

また、プログラムされていない未知の状況に対して、機転を利かせて対応することもできるのです。

私たちが生み出したテクノロジーによって、様々なことが自動化され、人間の存在意義はどこにあるのかを考えなければならない時代に差し掛かろうとしています。

ウィルダネス・ファシリテーションは、

私たち人間が、

テクノロジーとグローバル化がもたらす時代の慣性の中にしっかりと立ち、

私たちの未来を、私たちの意思によって、主体的に選択できる社会を目指します。

そのために、

私たちが、私たち人間の持っている可能性を開拓し、

等身大の人間を理解することを支援します。

私たちの将来を主体的に選択できる力をつけること、を支援し

私たちが将来を主体的に選択できる社会を築ていくことに尽力します。