南紀の沢と熊野古道を巡る旅

南紀の沢と熊野古道を巡る旅へ

太平洋へとせり出す日本最大の半島、紀伊半島。深い森に豊かな水を湛え、古えの時代より滔々と続く熊野の流れ。

先人たちの信仰の軌跡に想いを馳せながら、ゆったりと熊野の流れを辿る

焚き火を囲み、悠久の時に想いを馳せ、自然に心を埋没させる沢登りと熊野古道の旅。

 

滝に迎えられ、山深き熊野の世界へと入っていく。

 

img_7617

夜は火を囲み、まったりと

img_7636

遠くに動物達の声を聞きながら

img_7625

自分たちの気持ちも森にどっぷりと浸り、どこか野生に還っていくよう。

img_7627

朝を迎え、さらに奥へと進む。

 

img_7707

深山の奥にふっと現れる滝と淵。虹とともに。

img_7698

本州最南端に位置し、低標高からこの時期でも沢を辿って分け入ることができる。

豪雪地帯とは異なる趣の深く豊かな沢。

img_7620

澄んだ水の色もどこか違う。

 

遠い記憶を思い起こさせる淵の奥。

img_7725

見つめていると吸い込まれそうになる程澄んだ翠。

img_7727

岩と水と森が織りなす回廊を抜けて

img_7711

陽の当たる石畳をゆく

img_7661

突然目の前に現れる不思議な風景

img_7637

瀞に映る秋の色。あたかも自分が空中にいるような錯覚に陥る。

img_7703

日差しが水面を照らす。鏡のように季節を映し出す。

img_7672

熊野の流れはどこまでも深く澄む

img_7681

清流を辿って奥深い世界へと分け入り

img_7666

身を沈める。

img_7633

生きていることを実感する

img_7645

豊かな時間でした。

img_7621