自然体験プログラム

四季折々の奥深い世界へといざないます。

僕たちが毎日を生きている同じ瞬間、もう1つの時間が、確実に、ゆったりと流れている。

日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、それは、天と地の差ほど大きい。 

星野道夫 『旅をする木』

2018年冬〜春 雪のプログラム

春、富士の高みへ

【自然体験プログラム】2018年4月28(土)〜4月30日(月)
登るほどに蒼くなる空。八合目の鳥居をくぐると、そこは日本で最も高いところ。この時期この場所でしか出会えない情景が迎えてくれることでしょう。今回は、一合目から一歩一歩自らの足で歩き、富士の高みへと登っていきます。原始の森をくぐり抜け、蒼と白の世界へ。最低限の衣食住を背負い、人と自然のシンプルな世界で過ごす3日間です。

春、残雪の北アルプスへ

【自然体験プログラム】2018年5月4(金)〜5月6日(日)
3000m級の山々が連なる北アルプス。冬には厳しいモノクロの世界だったこの場所も、この頃には春の陽光が降りそそぎます。突き抜けるような青と、どこまでも続く白の世界。春が芽吹き、日に日に彩り豊かになっていくこの時期に、衣食住を背負い、原生の自然へと分け入って行きます。自然の表情、人のぬくもり、生きることをシンプルに感じられる世界へ。

満月の夜に〜残雪の北アルプスへ〜

【自然体験プログラム】2018年3月30(金)〜4月1日(日)
3000m級の山々が連なる北アルプス。冬には厳しいモノクロの世界だったこの場所も、この頃には春の陽光が降りそそぎます。突き抜けるような青と、どこまでも続く白の世界。春が芽吹き、日に日に彩り豊かになっていくこの時期に、衣食住を背負い、原生の自然へと分け入って行きます。自然の表情、人のぬくもり、生きることをシンプルに感じられる世界へ。

白銀の森へ 北八ヶ岳スノーシューハイキング

【自然体験プログラム】2018年3月12(月)〜3月13日(火)
山小屋泊、ロープウェイ利用、歩行時間1時間程度のゆったりまったりプラン。雪山未経験の方や体力に自信がない方も安心して凛とした白銀の世界を味わえるようにと企画しました。
スノーシューを履いて北八ヶ岳のたおやかな風景と雲上の原生林を味わいましょう!

満月の夜に〜雪と氷の八ヶ岳へ〜

【自然体験プログラム】2018年3月2(金)〜3月4日(日)
蒼と白のコントラストに凛とした空気。自然の表情、人のぬくもり、生きることをシンプルに感じられる冬の八ヶ岳。厳しくも美しい自然の奥深くへ、衣食住を背負って分け入ります。満月、雪山、氷と、3日間をたっぷり、ゆったり、そして美味しく、味わい尽くします。

厳冬の八ヶ岳へ

【自然体験プログラム】2018年2月3(土)-4日(日)
蒼と白のコントラストに凛とした空気。夏とは違った表情を見せる冬の八ヶ岳。厳しくも美しい自然の奥深くへ、衣食住を背負って分け入ります。自然の表情、人のぬくもり、生きることをシンプルに感じられる場所へ。

満月の夜に〜皆既月食お月見山行〜

【自然体験プログラム】2018年1月31(水)-2月1日(木)
満月が地球の影に隠れる日、厳冬の凛とすんだ空の下で、富士の懐に抱かれながら夜を過ごします。頂上を目指す登山ではありません。特別な日に、特別な場所で過ごすことを目的とした自然体験のプログラムです。

2017年春〜秋のプログラム

新緑と満月と清流と

【自然体験プログラム】2017年6月9(金)-11日(日)
冬の眠りから覚めた木々たちが、春の喜びに歌い芽吹く時、新緑のトンネルを潜り、清流に磨かれた花崗岩の道を行く。夜は満月の下で焚火に憩い、清流に耳をすます、、そしてフィナーレは甲州、武蔵、信州にまたがる甲武信ヶ岳。東京から程近いとは思えない深く優しい山懐に抱かれる3日間。

満月の大台ケ原へ

【自然体験プログラム】2017年7月8(金)-10日(日)
関西の秘境大台ケ原。その台地に深く切れ込む数々の谷。その中でも、巨岩、豪快な滝、原生の静寂の森を湛える清流の世界へ。満月の日に、原生の世界に身を沈め、心を沈め、珠玉の名渓を味わう3日間。

神々が宿る島、屋久島

【自然体験プログラム】2017年7月12(水)-15(土)日
神々が宿る島、屋久島。千年の時を刻む木々たち。四季を通して島を潤す恵の雨。太古の森と豊潤の渓、そして花崗岩が織りなす風景。それはまるで私たちの遠い記憶の中にある絵のような。自然の神秘に出会い、そして深山のさらに奥深くへ。神々が宿る原始の世界へといざないます。

黒部源流と雲ノ平

【自然体験プログラム】8月開催予定

〜準備中〜

突撃!沢登り隊

【自然体験プログラム】2017年9月16(土)-18日(月)
毎年恒例、つながりあるとびっきりのメンバーと共に行くとびっきりの沢からのとびっきりの登山。
整備された登山道とは違う、自然が作り出した道とも言える沢。それはワイルドでちょっぴり厳しくどこまでも自由。水に戯れ、ひたひたと歩き、時には泳ぎ、時には岩を攀じり、イワナと格闘し、焚火を囲んで語らい、火のぬくもりと清流の音に抱かれながら眠り、目覚めまた進む、、人と自然のシンプルな世界を味わい尽くす3日間です。

沢と満月と紅葉と

【自然体験プログラム】2017年10月7(土)-9日(月)
日本有数の豪雪地帯上越国境。雪によって削り磨かれた美しく急峻な谷とは対象的に、なだらかな草原に囲まれた山頂を持つ巻機山。一面秋色に包まれるこの時期の、満月の日に、沢を遡行し、頂上直下の稜線で夜を過ごします。紅と黄色に覆われた谷、石畳のように続く岩盤、流れ落ちる水の音、見上げれば秋の空、青と白に向かって登って行く感覚、雲海と満月の間で温む夜、、、素晴らしい旅になることでしょう。

南紀の沢と熊野古道

【自然体験プログラム】2017年11月24(金)-26(日)
日太平洋へとせり出す日本最大の半島、紀伊半島。深い森に豊かな水を湛え、古えの時代より滔々と続く熊野の流れ。先人たちの信仰の軌跡に想いを馳せながら、ゆったりと熊野の流れを辿ります。焚き火を囲み、悠久の時に想いを馳せ、自然に心を埋没させる沢登りと熊野古道の旅。

お申し込みはこちらからどうぞ

お申し込み下さった方に詳細なご案内をお送りしております。

お申し込みのプランを上記よりお選び下さい

 気軽にご連絡下さい

不明なことや心配なことなど、なんでも気軽にご相談ください。